2012年5月12日土曜日

フクシマ支援ツアー


 画像は、今年1月に消防団員と市民有志が参加者を募り、宮城県南三陸町でおこなった被災地支援ボランティアツアー活動の様子です。 東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方ですが、いまだその傷は深く、復興への道のりも決して平坦なものではありません。 小金井市からも多くの市民の皆さんが、様々な活動で復興支援に心を砕いています。しかし、自治体として市民の気持ちを一つの柱にまとめ上げて 市民の思いや力を届けることが、いまだ充分に出来ていないことをとても残念に思っています。 市政の課題解消に人出と時間を取られてしまい、自治体の施策としてバランスを欠いてしまっているような気がしてなりません。本来は市議会がそこををしっかりとチェックしていくべきなのですが、結果的には、市議会自体がその機能を果たせていないのが現状です。市政の重要課題の議論に多くの時間が割かれいるために、そこまで手が回らないということでしょうか。とても残念です。 現在、私たちは、西岡真一郎都議会議員を代表世話人として、市民の思いを福島県に届けるため、福島県への被災地支援・温泉ツアーを企画しています。6月23日(土)から24日(日)の1泊2日の日程です。行程は、6月23日(土)午前8時小金井発(貸切バス利用)→福島県内被災地視察&支援活動→宿泊場所(福島県土湯温泉の予定) 24日(日)午前9時出発→福島県いわき市への観光等→午後7時頃小金井市着・解散。費用概算:1泊4食・交通費込で30,000円程度。募集定員は先着順30名程度となっています。  皆さんご存知の通り、津波と地震の物的な被害に加え、風評被害も深刻です。これを何とかしたいと考えている市民の皆さんの思いから立ち上がった企画です。被災地支援メニューの詳細は、女性やご高齢の参加者もムリなく活動できるメニューを、ということで被災地ニーズに合わせたものを現在鋭意検討中です。現在20名ほどの申し込みをいただいている状況です。まだ席に余裕がありますので、是非ともご参加ください。この活動は、被災地に勇気と活力を届けるためだけのものではありません。復興に向けて懸命に暮らしている被災地の皆さんに大きな力をいただくことになる体験になるはずです。皆さんのお気持ちをフクシマに届けてみませんか。

特別支援学校に、貫井ばやしがやってきた!

 9月29日(土)都立小金井特別支援学校の体育館で行われた「やってみよう!貫井ばやし」に参加してきた。  貫井南町ゆかりの伝統芸能の貫井ばやしは、正式には「目黒流貫井囃子保存会」といい、小金井市無形文化財に指定されている。 http://www.nukui-hay...