2012年9月25日火曜日

雨の降る朝に

 
 残暑が厳しかった9月も、彼岸に入った途端、雨と共に、秋の空気に入れ替わった感があります。そんな秋の夕暮れの9月21日。議会事務局から情報提供として、母子とみられる二人の遺体が市内で発見されたことを伝える1枚のファックスが届きました。淡々と事実のみを告げる内容で、詳細はわかりません。
 その日の夕方から夜にかけて、地域ニュースとしてテレビ報道があり、翌朝の新聞では地域面で報道され、次第に詳細が明らかになってきました。母子は生活保護を受給し簡易宿泊施設に宿泊していたこと。亡くなった原因は、状況から見て無理心中の可能性が高いことを各社が伝えていますが、1社だけが娘さんの障がいに対する悩みが原因と伝えています。娘さんに何らかの障がいがあるということは、市内で何らかの支援を受けている可能性が高いわけで、娘さんが所属していた場所の子どもたちや保護者の動揺が気がかりです。私の知る範囲では、行政の支援が途切れていたこともありませんでしたし、保護者間のやり取りもあったと聞いています。しかし事件が起きてしまった今、このような悲しい出来事を二度と繰り返さぬために、私たちは何をすべきかを考えなければいけません。
 6月30日に行われた「発達障がいと地域連携」講演会にこの方も来場し、意見交換・質疑応答の時に「自分は、娘の障がいの支援を受けている実感をなかなか持てないでいる」といった内容を涙ながらに発言していらっしゃったのではないかと記憶しています。生活保護受給世帯であることで、行政の一定の支援が届いていたわけですが、このお二人が簡易宿泊所にお住まいであることは、その時は知る由もありません。
 マスコミ報道が先行し、事件の詳細は私たちの知るところとなりましたが、行政の立場からは、生活保護を受けていること自体が個人情報で明らかに出来ず、こちらから見ると隠されてしまっているわけです。それを理由に身元も明らかにされなかった場合、お二人のこれからはどうなるのでしょうか。その行く末を考えると胸がつぶれる思いです。
 そして、学校で一緒に生活していた子どもたちに、娘さんが突然いなくなったことをどう説明するのでしょう。それとも、まさか彼らには説明の必要はないということですかね?
 今後、市が保護者や子どもたちの動揺にどうに対応するのか。小金井市の福祉と学校教育の真価が問われています。今後の対応に注目したいと思います。
 つらい出来事です。謹んでお二人のご冥福をお祈りいたします。

 

2012年9月17日月曜日

あきまつり

 昨日、9月16・17日の2日間。地元貫井南町の鎮守様の貫井神社の祭礼が行われました。私は自治会の役員として自治会の御神酒所(御神輿やお囃子の山車の休憩所)の設営や運営のお手伝いをさせていただきました。
 地元を古くから知る方々のお話を聞けるとてもいい機会なので、毎年楽しみにしているお祭りでもあります。

準備は朝から始まります。倉庫から必要なものを運び出し、飾り付けや
祝い金の受けつけや接待の支度を整えていきます。

地元の設営が終わると、他の自治会の御神酒所にごあいさつに回ります。
 貫井南町だけで自治会の御神酒所が4つ。神社本社の会所があり、その他にも貫井囃保存会、神輿の親睦団体の神酒所があり、それぞれにごあいさつに回ります。日が暮れてくると子どもたちがつくった灯篭に火が入り、ぐっとお祭りらしくなります。

山車の先頭、露払いの後に続く高張提灯の列。貫井囃と交流のある各地のお囃子保存会の
提灯が続きます。見慣れた地元の住宅街が一瞬で幽玄な雰囲気に包まれます。

今年は、貫井囃子だけでなく、交流する各地のお囃子が、それぞれの演技を披露してくれました。
各地それぞれに独特の「ノリ」があることが、比べることでよくわかる興味深いひと時でした。

貫井囃子のクライマックス、狐の登場!

山車の正面左側に鎮座するのは雷神様

右側には風神様がいらっしゃいます。御二人とも「目力」がすごいんです。

最後は、万灯が出てきました。東日本大震災の復興を祈る万灯。
中に入り、みんなで一緒に回して無病息災を祈願します。
 一夜明けて17日。若干雲が多めで、時折にわか雨が降ったりしましたが、弁天様は水の神様なのでこれも一興。雨が濡らした道路も強い日差しですぐに乾いてしまいます。2日目はお囃子、子供神輿と小さな太鼓がそれぞれやってきます。



先陣を切ってん貫井囃子の山車が到着。お囃子の音につられて近所の子どもたちが集まってきました。


お、今日は会長が叩いていますねえ。

雷神様に引き寄せられて近付いたら、ひょっとこクンと目が合ってしまいました。

山車が道路へ出てくると、目を見張る大きさ。特に頭上に張り巡らされた電線に
気を使っています。屋根の上には専門の見張りがいます。

   
 お囃子が出発すると、間もなく子どもたちの御神輿と太鼓が相次いで到着します。
それぞれに世話役の方がついているので皆さんに御酒や食事でご接待します。子どもたちには御菓子のプレゼントがあります。
毎年各地区が趣向を凝らして子どもたちを迎えるのですが、今年はいつもより子どもたちの数が少なかったでしょうか。しかし子どもたちの元気な様子にこちらの疲れも忘れてしまいます。おまつりの御神酒所の設営といっても力仕事は一瞬で終わりますが、お祝を持ってきて下さる方や囃子、神輿の接待の料理の支度はすべて女性たちの力によるものです。料理の下ごしらえから配膳と片付け・・・
この重労働をすべて女性たちが引き受けてくださっています。これは防災会の訓練の時の炊き出しの時も同じ。役員には男性が多いのですが、女性の支えがなくては私たちの地域は回りません。とても大事な地域の底力を感じた二日間でした。
 











2012年9月7日金曜日

一般質問終わりました


 市議会9月定例会の鈴木成夫の一般質問が、昨日終了しました。質問は大項目が2点。1.発達支援センター開設準備の現状について 2.放課後子どもプランを活用し、学習支援ボランティアの活用しないか の2点でした。
1では、(仮)児童発達支援センターの業務の一部になる、現在はピノキオ幼児園として運営している通園業務が、計画当初の方針を変更し、センターと共に委託になることについて、職員団体が合意したわけですが、今後引き継ぎに入っていく中で、さまざまな手続きについて、現場の職員も事務取り扱いにあたっている職員も行政の一員ですから、一体となってよりよい業務の構築に向けた作業にあたってほしいとの思いからです。委託する業者選定のプロポーザルメンバーに市民や利用者代表が入れない現状を指摘し、市民参加を進めるべきとの質問には、参加できない理由を明確に示せず、しかし参加は難しいとの答弁に議場は、なんで参加できないの?との反応でしたよ。おかしいですよこれは。担当部局はちゃんと腰を据えて検討しましょう。センターが一体で委託と決まりましたが、給食調理も一体で委託することも職員団体の合意事項に入っていますが、これもこれまでの検討の経過をみると明らかな方針の変更なのですから、これもおかしい。変更の説明や検討が市民や利用者に開かれていないことを指摘し、説明と検討の場を設けることを要望しました。
 2では放課後子どもプランの一層の活用について、担当の考えを聞きました。現状について問い、学大が関わるNPO「こども未来研究所」が、小平・国分寺・小金井市との3市連携事として、学校支援に関わる人材育成認証事業をおこない、小金井市民も多数参加していますが、認証を受けた市民の活躍の場が限られているのが現状です。一方で学校教育現場では、教員の業務多忙による疲弊、いじめや不登校の対応など、教員だけでは解決できない多様な問題を抱えているわけですが、ここに市民や地域の活力をより一層注入するため、先進市では小学校対象の放課後子どもプランから発展し、授業中の学習支援、中学校での支援をおこなっている例を紹介し、小金井での取り組みの強化を要望しました。担当部長の答弁で気になったのは、「先進例が少ないので、今後の研究課題とさせていただく」と・・・。んん?そうかなあと思ったのは、提出要求資料によると多摩26市中7市がすでに実施しているのに「少ない」と答える小金井市の感覚、センスです。多くの市民ボランティアの関わりが必要なこの取り組みの立ち上げには長大な時間が必要なのです。取り組みは早い方がいいはず。小金井市、センスなさすぎてガックリします。
 学校に地域のボランティアが多数関わることの必要性や効果は文科省も認めるところで「学校支援地域本部」を各市に立ち上げ、行政内部の連携の核にすべしという方針は出ているのですから・・・。早くしてくださいね。
 今回の質問に対する部局の答弁は渋いものでした。課題の提示に終わってしまったところもありましたが、まずは課題があることを議会に明らかにすることも議員の重要なミッションだろう、と自分を慰めています。 
 学校に認証を取得したさまざまなボランティアが関わることで、障がいを持った児童・生徒が普通学級に通学を希望した時のニーズに、市民が主体となって答えられるような仕組みを作ることがこの質問の目指すところです。たとえば制度上、通級学級の支援が受けられない子どもたちは、一部の教員のボランティア的な取り組みによって放課後や、土曜日に教室に通っている実態を、私たちの地域がこれをどのように受け止めていくのかという問題です。
 インクルージョン理念の実現とはこういうことではないでしょうか。
 
 

食べることに困難を抱えている子は、他にもアンバランスを抱えている

 8月2日(金)に東久留米市にある東京学芸大学附属特別支援学校を会場に開催された「発達障害と食の困難と発達支援」〜本人・保護者を交えて考える〜 に参加した。  発達障がい児者当事者に多い感覚過敏が関係する食の艱難について、東京学芸大学高橋智先生と立命館大学の田部絢子先生か...