市議会注目の案件は・・・(6月議会は2日から開催です)


 小金井市議会は明日6月2日から、平成28年第2回市議会定例会(6月議会)が開催される。上程される議案数が7本と他の定例会に比べると少ないが、保育園利用者負担軽減に関する議案や、5月臨時会で議会から求められている庁舎複合化に関するプロジェクトチームの中間報告や新福祉会館の建設市民検討委員会関連予算などは会期中に後日改めて示されることになっている。質問が集中し丁寧な説明が求められる議会注目の案件が現在は示されていないため定例会全体がどのような展開になっていくのかは今の時点ではまだわからない。
 今回の補正予算で注目しているのは、東京都補助を活用した「不登校児童・生徒支援モデル事業に要する経費」だ。どのような経緯で都補助を獲得し、どのように具体的支援を展開していくのか明らかにしていきたい。また、保育園での「医療行為対応非常勤嘱託職員報酬」が今回補正予算計上されていることも注目している。おそらく個別の配慮に基づくものと思われるので、公開の場でどこまで事情を明らかにできるのか、質問するこちら側にも相応の配慮が必要だが、経管栄養などの医療行為が必要な子どもたちにとっては待望の取組みになると感じている。
 会期は6月24日までの予定で一般質問は6月6日(月)から10日まで。ワタクシ鈴木の質問は6日の5人目。予定通りならば登壇は16時30分から。
 通告した質問は2点。
1.地域防災計画に見る小金井市の課題について
2.障がい者への合理的配慮について、市の検討状況を問う
以上2点で質問の予定です。
 市議会日程日割表については以下のリンクをご参照ください。
https://www.city.koganei.lg.jp/shisei/gikaijimukyoku/info/20160531170347924.files/280602hiwari.pdf
 

このブログの人気の投稿

都立青峰学園 私たちは、パン屋さんを育てているのではなく、パンを作る「人」を育てています。

4割が介護保険から卒業する和光市の地域包括ケアシステム

みどりの子ども館