2016年9月2日金曜日

一般質問は9月6日(火)10時から

 小金井市議会は8月29日(月)から平成28年第3回市議会定例会が開会されています。定例会の日割表を以下に貼り付けておきますのでご参照ください。



 今回の一般質問は、19名もの障がい者が殺害された津久井山ゆり園の事件の背景にある障がい者差別。差別解消のためには、差別の根源にある障がいに対する無知をなくし、地域での理解を深めることが重要と考えています。また、大災害時に支援や配慮が必要な市民の避難行動支援事業。この事業の重要性は理解されても、支援が必要な対象者の個別支援プラン作成数は頭打ちの現状があります。こうした問題には活発な市民ボランティアの参加が欠かせませんが、地域にある支援が必要な方のニーズと市民ボランティアのコーディネートをこれまでとは違う形で行う必要があるのではと考えています。そこで、小金井市がこれまで進めてきた障がい福祉施策や避難行動要支援者支援事業の取組みの現状と課題、成果と今後の展開についての質問を予定しています。
 質問は9月6日(火)10時からの予定です。
 

子どもの発達と教育相談を一本化した「エール」(日野市発達・教育支援センター視察報告)

福祉と教育部局が同居し、相談支援を一元化した「エール」  平成30年11月9日、日野市のエール(日野市発達・教育支援センター)の会派視察を行った。  今回、小金井市議会からは鈴木成夫、村山ひでき、岸田正義、沖浦あつし議員。府中市から須山たかし議員、あ...