新市長は稲葉孝彦氏

12月18日投開票の小金井市長選挙は、元市長の稲葉孝彦氏が当選を果たしました。
【投票結果】(当)稲葉孝彦14,383票  斎藤康夫12,749票  野村 隆9,147票  小泉民未嗣3,434票
投票率は前回に比べ2.89%減の43.27%で、ごみ問題の混乱が全国的にも注目を集める中でおこなわれた選挙でしたが、市民の関心は低調なままでした。

 そして、次点の斎藤氏との差はわずか1,634票、稲葉氏以外の得票合計数は2万5千票を超えたということを考えると市民の下した審判は大変厳しいものでした。
 選挙期間中は「なぜ稲葉氏支援なのか」を伝えることに多くの時間を必要としました。また民主党が自民党出身の元市長を支援することについても厳しいご意見を多数いただきました。
 今回の市長選では、ごみ問題の解決のために市議会が大同団結できる統一候補者の擁立を目指した経緯もあり、この問題の解決を最優先に考え、政党間の争いを避けたいと考えました。政党間で市民不在の不毛な争いをしてはいけないというのがその理由です。
 私たちが支援した稲葉氏が市長に選ばれた以上、あとは結果を出していくしかありません。まずはごみ処理体制の確立に向け、なるべく早い時期に小金井市の方針を示さなければなりません。ごみ問題では稲葉新市長と一体となり、責任を持って取り組んでいきたいと考えています。決して平たんな道のりではありませんが、様々な知恵を絞って難局を乗り切りたいと思います。

このブログの人気の投稿

都立青峰学園 私たちは、パン屋さんを育てているのではなく、パンを作る「人」を育てています。

4割が介護保険から卒業する和光市の地域包括ケアシステム

みどりの子ども館