2015年3月20日金曜日

少ないルールをマナーで補う・・・

  市議会は、福祉会館建設問題が大きな争点となり、予算特別委員会での福祉会館関連の質疑を丸ごと保留したまま、他の予算審議が本日終わりました。昨日、市長は福祉会館関連予算を削除した補正予算案を送付し、議会は明日以降にこの議案を本会議に上程し、委員会付託後に審査することになります。
 こうした状況になると議会の審議時間はどうしても長くなり、定時には終わらず時間延長を繰り返す毎日です。
 しかし本日は定例の朝駅頭の活動日。思い切りおしゃれになったいつもの場所でのご挨拶と市政報告。その後は自宅そばの市立南中学校卒業式に参列させていただきました。

 
 今年はやんちゃな先輩の祝福もなく、おとなしい雰囲気の校門まわり。式場となった体育館での卒業生と在校生のメッセージの交換では、それぞれの思いが伝えられ、なかでも「少ないルールをマナーで補う南中学校」という言葉に感動して帰ってきました。生徒の自主性を尊重してきた校風を確実に後輩に伝えようとする卒業生の強い思いがこもった卒業式でした。
 市議会でも、党派を問わず小金井のために最良の選択をするために、それを細かなルールで縛るのではなく、市民代表として、その共通の目的のために建設的な議論ができる議会に生まれ変わることはできないものなのでしょうか。
 生徒の皆さんの素晴らしい志に触れて、心が洗われるような感動をいただいた卒業式に参加した後だけに、その思いはなんともフクザツです。

食べることに困難を抱えている子は、他にもアンバランスを抱えている

 8月2日(金)に東久留米市にある東京学芸大学附属特別支援学校を会場に開催された「発達障害と食の困難と発達支援」〜本人・保護者を交えて考える〜 に参加した。  発達障がい児者当事者に多い感覚過敏が関係する食の艱難について、東京学芸大学高橋智先生と立命館大学の田部絢子先生か...