市長選挙候補者について思うこと



 12月18日投開票の小金井市長選挙。一度は立候補表明した篠原市議が立候補を取りやめて以降、野村氏、稲葉元市長、斉藤康夫市議、加えて共産党の小泉たみじ氏立候補の情報・・と候補者乱立の様相を呈しています。佐藤前市長が辞任した瞬間から、当然予想されていたことですが、稲葉元市長の12年間の再検証も始まっています。現状に至った責任が分析されることでしょう。これにどう答えて説明するのか、注目したいです。私の頭の中は、依然として篠原氏出馬断念のショックが大きくて、この件では冷静にコメントできません。(もちろん民主党勢力からの待望論も、多くの方からご意見を伺っています)今は、市議会と行政と市民が大同団結できた可能性を失ってしまった喪失感でいっぱいです。ごみ処理体制について、明確なビジョンについて語りようがない現状の中で、市民はきわめて難しい選択を迫られることになるようです。立候補予定者は、皆さんすべてがごみ問題の解決を訴えるでしょう。しかし「決め手」を欠いている印象です。問題の性格上これは仕方ありませんが、わかりやすい争点を示しにくい闘いの中で、ごみ問題だけがヒートアップするのでしょうか。ネガティブキャンペーンがエスカレートした結果、市外にまちがったメッセージを発信することにならなければいいなと強く思っています。
 画像は、小金井市と府中市の境界付近、道路幅が変わり府中市側は、狭いながらも歩道が整備され、手前の小金井市は・・・歩道はありませんという絵です。いろいろ事情があるとは思いますが、自治体の違いってこういうことです。ごみ問題だけではありません。自治体の実力をもっと上げていかないと。

このブログの人気の投稿

都立青峰学園 私たちは、パン屋さんを育てているのではなく、パンを作る「人」を育てています。

4割が介護保険から卒業する和光市の地域包括ケアシステム

みどりの子ども館